“既視感”とともに。

本日担当の櫻井です。
梅雨の時期は、季節の変化を感じられるので割と好きです。
春や秋のような配色の鮮やかさはありませんし、
夏や冬のような絶対的な力強さもありませんが、
ノスタルジックな日々が続く、一番好きな季節かもしれませんね。

先日、毎年7月に開催されている
自分の好きな作家(絵師)さん達の個展に行ってきました。
私とほぼ同年代です。

毎年行っているので、今年で4回目です。
主に純文学の書籍の装丁や広告のイラストレーションを
行っている方たちの個展です。

何年も活動を定期的にチェックしていると、
毎年、少しずつ違ったことを取り組んでいて、
活動の広がりを感じられるので、とても刺激になります。

また、個展に行くと直接、作家さんと話が出来るのでよいですねー。
雨の描写であったり、光の使い方など
現実を美しく切り取っている作品が多いのですが、
同じ作品でも、普段はスマホや本の装丁から見る時と、
大きなアクリルボードの展示では、違った印象を持てます。
それがまた不思議な感覚を持てるので、個展は好きですね。

広告代理店が考えた、ペットボトルのカルピスで
飲み終えると正面のイラストとペットボトル越しの奥行きをもって
裏面のイラストが見えるようになり、
一つの作品が完成する、というものもあります。
ペットボトル越しに距離感を使う、というアイデアが映えていますね。


youtubeの動画やスマホのゲームなど
高解像度の動的なものに時間を奪われがちな現代の社会ですが、
梅雨のようなノスタルジックな時期に
1枚絵のような低解像度のものに想いを馳せて、
“既視感とともに”自分の過去・現在・未来を俯瞰してみるのはいかが??

********************************************

八潮市と三郷市の不動産に関するご相談はエンクルへ。賃貸から売買、土地活用から建築、リフォームやリノベーション、相続対策としての土地活用から建築、コンサルティングに至るまで不動産に関する事ならなんでもご用命ください。地域に根差して
30年、居住用の新築から中古物件、事業用の倉庫や工場など取り扱う物件の種類は多岐に亘ります。お気軽にご相談くださいませ。

********************************************


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です